「日本語教師」は国内外問わず活躍できる仕事!

kyousi

外国人向けの「先生」になる

日本人は日本語を母国語としていますが、海外では日本語以外の言葉を母国語にしている方がたくさん存在しています。
母国語が日本語の日本人にとっては特に難しいと感じたことがないかもしれませんが、外国人にとって日本語はとても難しい言語だと言われています。
独学で習得しようとしても簡単には覚えられないため、直接先生から指導を受けたいと希望する方も多いです。

このように日本語を主に外国人向けに教えることになるのが日本語教師で、日本国内だけでなく海外でも活躍する場があります。
国内外問わずに活躍できる仕事なので、グローバルな仕事をしたいと考えている方には最適です。

日本語教師の仕事は外国人向けに読み、書き、話す、聞くという総合的なスキルを習得してもらうために指導を行ないます。
他にも日本独自の文化についても教えることで、日本に対する興味を更に深めてもらいます。

日本語教師になる方法

一般的に教師として公立や私立の学校で勤務するためには、教員免許を取得しなければいけませんが、日本語教師に関しては明確な資格が無ければいけないとされていません。
極端な話として、ある日突然自分が日本語教師になる!と宣言をして外国人向けに日本語の指導を行っても問題ないのです。

しかし、日本語を教えるだけでなく日本の文化について詳しく知っていることや、指導能力を発揮できなければ指導する外国人に理解してもらえないことを考えると、無資格の人がいきなり日本語教師として活躍するのは非現実的な話です。
実際に日本語教師として活躍している人の多くは、日本語教師になるために必要な勉強をして、検定試験に合格している人が多いです。

日本語教師に役立つ資格

日本語教師として仕事をするためには資格が絶対に必要とはされていませんが、現実的には資格があると有利になるのは間違いありません。
例えば日本語教師になって活躍するための養成講座を履修できるスクールに通って専門的なスキルを習得する方法があります。

参考:http://haa.athuman.com/academy/japanese/

このスクールでは、文化庁で定めている420時間カリキュラムに沿った形で適切な指導を行ってくれるので日本語教育能力検定の合格率も高くて、実際に日本語教師として活躍している人をたくさん輩出している実績があります。
カリキュラム修了後は日本語教師の仕事がスムーズにできるように、就職のサポートも行っています。
サポートを受けて国内外で活躍できる場を得ている人がたくさんいるので、自分も後に続くことができるのです。
このような充実したサポート体制があるスクールを選択することも日本語教師として活躍するためには必要な要素と言えます。

今後は更に日本語教師が活躍する場が増えると予想されていることから、日本語教師を目指す人材の育成が期待されています。