Author Archives: SLeng7uK

初めての留学におすすめの国

ここでは初めて留学を考えている方向けにおすすめの国を紹介します。

1.フィリピン

東南アジアにあるフィリピンは、ルソン島やミンダナオ島、ビサヤ諸島など大小約7100の島々で構成される国です。

熱帯気候のため一年中気温、湿度が高くなっていて、地域によって異なりますが雨季と乾季があります。

歴史的にヨーロッパやアメリカ文化を持っており、共通語はフィリピン語と英語。そのため、英語留学としてフィリピンを選ぶ人が多く、語学学校が多くあります。

留学にかかる費用

  • 4週間:約277,290円
  • 12週間:約667,380円

2.カナダ

北アメリカ大陸の北部に位置するカナダ。ロシアに次ぐ2番目に大きな面積を有しています。国土の半分は森林で、北極圏にあります。

自然が豊富でナイアガラの滝やメープル街道などのスポットがあります。また、スキーやスノーボードといったウィンタースポーツを楽しめます。

公用語は英語とフランス語です。移民が多い土地柄、外国人を受け入られやすくなっています。

留学にかかる費用

  • 4週間:約416,330円
  • 12週間:約941,680円

3.イギリス

イギリスはイングランド、北アイルランド、ウェールズ、スコットランドの4つの国で成り立っています。

ストーンヘンジやバッキンガム宮殿など、歴史的な遺跡や建築物が数多くあります。音楽のイベントが毎日のように行われポップやロック、ジャズなど幅広いジャンルの音楽を楽しめるでしょう。

イギリスで使われる英語はイギリス英語と言われて、アメリカで使われる英語と若干異なります。

アクセントや発音はイギリス国内だけでも大きく異なりますが、公共放送で使われる発音は英語学習で使われ「クイーンズイングリッシュ」と言われています。

留学にかかる費用

  • 4週間:約505,850円
  • 12週間:約1,192,000円

4.オーストラリア

南半球に位置する国オーストラリア。豊かな自然に囲まれ、グレートバリアリーフやゴールドコーストなどが有名。

テニスの4大国際大会の一つである全豪オープンや、元サッカー日本代表の本田圭佑選手が在籍するメルボルンビクトリーFCなどメルボルンではスポーツイベントが多数開催されます。

ワーキングホリデーで人気があり、日本人以外にも世界中から留学生が集まります。

留学にかかる費用

  • 4週間:約448,400円
  • 12週間:約1,008,950円

5.マルタ

イタリア地中海に浮かぶ島国のマルタ共和国。1964年にイギリスから独立し、公用語はマルタ語と英語です。

面積は東京23区半分ほどの広さで、マルタ島、ゴゾ島、コミノ島からなっています。

ヨーロッパでは英語を公用語としている国は多くありません。そのため英語を学ぶためにマルタを留学先に多くの人が訪れます。

首都のヴァレッタは、街全体がユネスコの世界文化遺産に登録されています。人類最古の石造建築物「マルタの巨石神殿群」もユネスコ世界文化遺産です。

留学にかかる費用

  • 4週間:約411,850円
  • 12週間:約1,003,800円

6.アイルランド

イギリスの隣に位置しているアイルランド。実際にロンドンからダブリンまでは飛行機で1時間半ほどでついてしまうほど近い距離にあります。

アイルランドの第一公用語はゲール語ですが、日常的には英語が使われているので英語の留学先としても候補に入れていいでしょう。

天気が変わりやすいのが特徴で1日のうちに四季があると言われるほどです。

留学にかかる費用

  • 4週間:約439,400円
  • 12週間:約994,150円

7.ニュージーランド

オーストラリアの東に位置するニュージーランド。イギリス連邦王国の一つです。北島と南島に別れた島国で北島に首都のウェリントンや最大の都市オークランドがあります。

460万人の人口に対して、3000万棟の羊がいることが有名です。映画制作や観光産業に力を入れています。

留学にかかる費用

  • 4週間:約443,780円
  • 12週間:約1,033,890円

8.アメリカ

多くの国の移住者によって成り立ち、多様な民族と文化があります。巨大な面積を持ち、気候も地域によって大きく異なります。

数多くの国立公園があり、自然豊かです。幅広い学問領域と質の高さで世界トップクラスのレベルを誇っています。

留学にかかる費用

  • 4週間:約538,890円
  • 12週間:約1,293,240円

留学先の国を選ぶには、まずは留学をする目的を明確にしましょう。英語を習得したいのか、現地で働きたいのかなどです。

色々な国へ行きたいならヨーロッパ圏のイギリスやマルタ、アイルランドがいいでしょう。

現地で働きたいのであればワーキングホリデーのできる国へなど、留学中に何をやりたいのか決めて達成できそうな国を選びましょう。

使えるとかっこいい!英語のスラング

英語にはスラングという表現方法がある

よく英語でスラングを利用していわれてもわからないという事があります。
スラングというのは教科書では教わる事のない俗語、その特定の現地の人や仲間たちが利用する言葉といったニュアンスです。
カッコいいという事をso coolなどcoolという言葉を利用しますが、このcoolという言葉も、英語のスラングでカッコいいという意味なのです。

スラングは仲間内だけで利用される言葉が多いので、時に人が聞いて不快に思うような言葉もありますし、これは利用しないほうがいいというスラングも存在しています。
ただネイティブな方々の日常会話ではかなり頻繁に登場する言葉となるので、スラングを知っておくという事は、英会話を習う中で重要な事となります。

日常会話でよく利用されるAbsolutely

絶対にとか、きっぱりという強い肯定を示す言葉に「Absolutely」があります。
強調したい時にはveryを利用しますが、これをAbsolutelyに変えるだけでもかなり違う印象となるのです。

Notを付けると強く否定する形になるので、この言葉を覚えておくと表現方法が広くなります。
Absolutely not 是たちに違うよという表現、これは否定の意味で利用しているもので、強い表現です。
絶対に正しいという場合には、You are absolutely correct!とこれは肯定した意見で強く表現しています。

同情するニュアンスを持ったフレーズ「I feel you.」

相手と同じ経験をした人があなたの気持ちがよくわかるよと同情する気持ちを込めて利用するスラングに、「I feel you.」があります。
I think so,toよりも感情があり、相手の方に親密な感情を持っているという事がわかります。

私にもよくわかるよ、でも気楽にいこうよという時など「I feel you, man. Just take it easy」などと利用できます。
この様に相手の気持ちに沿って考えているよ、同じような経験をしたからわかるよという時に利用すると、相手の方に自分の感情をより強く感じてもらう事が出来ます。

やきもちは「jelly」で

ねたみや嫉妬という言葉はjealousという単語であらわされますが、この言葉から派生したスラングにJellyがあります。
やらやましい、妬ましいという時に利用する言葉で、例えば、So cool! I’m jellyなどと利用します。
このフレーズは、カッコいい、うらやましいよという意味になりますので、何かを買ってもらったと自慢している人がいたり、彼に送ってもらったなどの際に、利用出来る言葉です。

この他にも、失敗したという時や混乱しているという時に利用する、Messed up、久しぶりに会うという表現を「Catch up」などと表現することがあります。
スラングを利用出来るようになると、非常にフランクに日常会話ができるようになるので、現地で会話を覚えるという時には、こうしたスラングから覚えていくという人も少なくないと思います。
親しみを感じる表現ともなりますが、目上の人の会話では嫌われることも多いので、注意が必要です。

バレンタインデーに使える英語フレーズ

バレンタインデーは変わってきています

以前は好きな彼に思いを遂げるという事でチョコレートをあげるという習慣があったのですが、今では好きではないけれど義理でチョコレートをあげるという事もありますし、友達同士でチョコレートを贈り合う友チョコもあります。
またバレンタインの日に自分にご苦労様という気持で高級チョコレートを購入し一人で楽しむという女性も、男性も多くなっています。
でもバレンタインデーの時、大好きな彼に告白を考えている人もいると思いますので、彼が海外の方という時など利用できるバレンタインの時に利用できる英語のフレーズを理解しておきましょう。

チョコレートを貰うよりも愛が欲しいという時

チョコレートを貰うよりも、愛が欲しいという直球な表現をしたいという方は、I need love, not a chocolateやI need LOVE instead of chocolatesなどを利用するといいでしょう。
LOVEと愛を大文字にしているのは、チョコではなくて愛が欲しいという表現を強くするためにこうして大文字にしています。

このinstead of○○という表現は「○○の代わりに」という表現なので色々な場面で利用できる表現です。
覚えておくと便利です。

バレンタインの質問を受ける時

バレンタインの時、どんなチョコレートを準備しますか?などと質問を受けることもあります。
そんな時に利用できるフレーズとして、I’m thinking about making some homemade chocolate手作りチョコレートを作ろうと思っていますなどの表現が利用できます。
物がhandmadeで食べ物に利用される言葉なので、homemadeをこの表現に利用することが正しい表現です。

この他、バレンタインデーにチョコレートをいくつ貰いましたか?という質問をしてみたい時には、How many chocolates did you get?が最も一般的な表現で、他にも、How many lovely gifts did the girls bring to you on Valentine’s day handsome?という表現があります。
この場合、おい、イケメン君、女子達からいくつの愛のプレゼントをもらったの?というちょっと相手を茶化すようなイメージの表現となります。
でもこうした茶化した言い方の方が、相手にとって解答しやすいといえるのかもしれません。

日本語だと恥ずかしい、でも英語なら平気で利用できる

沢山の愛をこめて バレンタインおめでとうなんて気恥ずかしくて日本語では到底言えないという人の方が多いと思いますが、英語というのは非常にこういう時に役だつ表現で、日本語で恥ずかしいと思う事でも、英語だと平気で利用できるという事が多いのです。

例えばHappy Valentine’s Day! Lots of love! 愛をこめて、バレンタインおめでとうという表記、愛をこめてという事は本命という事です。
日本語で愛をこめてというと非常に重い雰囲気に感じる方もいると思いますが、英語だと日本語よりも気軽に利用できる言葉という気がします。
バレンタインのときにこうした言葉を利用して、メッセージとして彼に伝えても素敵です。

「久しぶり」を英語で言ってみると?

お久しぶり、御無沙汰していますなどを英語で表現したい

久しぶりに会う人に対して、「お久しぶり!!」といったり、目上の方には「御無沙汰しております」と丁寧にごあいさつするなど、滅多に合わない人にあった時のご挨拶があります。
こうした日本でいうお久しぶりとか御無沙汰していますという表現は英語でどのような単語を利用し、どんな言い回しをするのでしょうか。
留学されていたなどの方の中には、Long time no seeというフレーズを聞いたことがあるかもしれませんが、実はこの言い回し、ネイティブな方々はほとんど利用しないのです。
では英語でお久しぶりという表現はどのように伝えるのか、ここで学んでおきましょう。

Long time no seeは使わない

英語圏の方々がこの言葉を利用しないのは、元々利用していない言葉だったからです。
意味としては、お久しぶりという意味として伝わると思いますが、この言葉は、中国の方が中国語の「好久不見」久しぶりという言葉を英語に直訳したものと伝えられている言葉で、英語の文法としても正しくない表現です。

ここから派生した言葉でLong time no speakなどもあるのですが、英語圏、ネイティブな方にこういっても伝わらないという事はありません。
但し、この表現は伝わるというだけで非常にカジュアルであり、相手にとっては失礼と思ってしまう事もあるので、別の言い方をする方がいいでしょう。

あいさつの中で久しぶりと伝える場合は「It’s been a while」など利用する

日常会話、かしこまった場面でのあいさつ、メールなどに利用する事が多くので、It’s been a whileやit’s been a long timeなどは覚えておくといい表現です。
これを付加疑問文にして、It’s been a while, hasn’t it?とすることで「久しぶりだよね?」と表現できますし、suchという単語を利用し、It’s been such a long timeとする事で長いことあっていない状態で「すごい久しぶり」と意味で利用する事もできます。
バケーションなどで2ヶ月あっていない友人に伝える時にも、It’s been agesと伝えると、2ヶ月しかたっていないけど何年もあっていないように感じるというニュアンスで伝える事が出来るのです。

久しぶりに○○したという場合

ずっと禁酒されていた人がお酒を飲むことが久しぶりといいたい時には、It’s been a while since I stopped drinking alcohol.という表現になります。
この場合、直訳すると飲酒をやめてからしばらくたったという表記になりますが、意訳としては、お酒を飲むのは久しぶりですと訳すことができます。

I haven’t played tennis for a while.意訳としてテニスをするのは久しぶりですという表現です。
これは人をモノに例える表現となっています。
英語は直訳と意訳があり、意訳の方を利用して相手に表現するという事も少なくないので、こういう時にこういう風に表現するというようなフレーズを記憶しておくといいでしょう。