積極的に募集している高校留学

HT146_72A

とても良い経験になります

日本の高校生が3ヶ月以上の海外留学をする人数は年間で約4千人と言われています。
このうち最も多くの高校生が留学している国はアメリカです。
アメリカでは公立、私立を問わずに外国からやって来る留学生を積極的に受け入れています。
日本以外の国からもたくさんの留学生がやって来るため、英語の勉強だけでなく様々な国の人と交流を深めることができるとても貴重な機会になることから人気が高いです。

日本とは異なる環境の中で生きた英語を学ぶことは一生の思い出に残りますし、今後の人生でプラスになることは間違いないでしょう。
今回は積極的に募集している高校留学の事例としてアメリカについてご紹介します。

日本とは異なる教育システム

日本では小学校と中学校が6年と3年の義務教育で、高校は3年間の履修期間といういわゆる633制が採用されていますが、アメリカの場合は学校に応じて異なる仕組みになっています。
また、日本では3学期制が採用されている学校が多いですが、アメリカでは2学期制を採用している学校がほとんどです。
学校によって特色があることから、留学先を選択する場合にはあらかじめ調べておくことをおすすめします。

留学の方法

アメリカの高校に留学する際には交換留学プログラムに応募するか、自分で各学校に直接入学するチャンスを得る方法があります。
交換留学プログラムは各学校で実施しており、選考により留学できるチャンスを得ることになります。
応募をすると必ず受け入れられるとは限らないため、確実に留学したいと考えている場合にはあまり相応しい方法とは言えません。
場合によっては奨学金が適用される場合もありますが、基本的には100万円位の費用が発生すると考えられます。

自力で留学先を探す場合には公立の場合は留学生の受け入れを実施している学校や団体に問い合わせをする必要があります。
参考団体>高校生のアメリカ留学|NCN米国大学機構
私立の場合は公立よりも受け入れ体制が整っている場合が多いですが、適性試験を受けなければならない場合も多いです。
私立の場合は留学費用も高額になるため、事前に準備しておく必要があります。

アメリカ留学のメリット

アメリカに留学する大きなメリットは、たくさんの国からやって来た人との交流を楽しめることです。
出身地が異なる人が集まると、個性や考え方が異なるため日本では考えられないくらいの貴重な体験ができます。
アメリカの文化に直接触れることで良い刺激を受けて今後の人生に役立てることもできます。

高校生という多感な時期に日本の生活では得ることができない体験をすることで、必ず良い結果を生み出すことができると考えられます。
もちろん、留学の目的である勉強についてもハイレベルな勉強ができる環境が用意されているので心配はありません。